このエントリーをはてなブックマークに追加

乳液について

乳液は、名前のとおり、白っぽくて粘りけがある乳状の液体です。
肌に水分を与えたあと、油分でその水分を肌に閉じこめるという考えた方のスキンケアで使用されます。
ただし、このスキンケアの考え方は、少し古い考え方と言われるようになりました。
肌の水分は閉じこめられるものではなく、保湿成分と結合することで保たれるという考え方が今の定説になっています。
従って、乳液の考え方にも変化が見られるようになりました。
乳液を愛用する人は今でも多くいます。
使い慣れているということもあるでしょう。
化粧品などは、個人の肌との相性もありますから、一概に乳液を否定するわけではありません。
スキンケアにおける乳液の考え方も変化したことから、最近の乳液では、保湿成分が含まれてたり、油分が少ない乳液などが販売されているようです。
乳液にこだわる人であれば、このような乳液を使用したほうがよいかもしれません。
乳液は油分を与えるものですから、使い方にも注意したいものです。
30歳台くらいまでは、皮質の分泌が多いので、乳液の使用は好ましくないとも言われています。
また、乳液を使う場合は、使う場所も選んだ方がよいでしょう。
顔の中でも、Tゾーンは比較的皮脂が多い部分になります。
そういった部分への乳液の使用は少なめにしましょう。
顔の中でも、目元、口元などは、皮脂が少ない部分になります。
そういった場所であれば、乳液を使って、油分を補充することも有効です。
Search
Copyright (C)2017自分に合ったスキンケア探し〜自分の肌はどんな肌?〜.All rights reserved.